許されざる者 第二章 獅子の鎮魂歌

ALLINENTERTAINMENT00
スポンサーリンク
許されざる者 第二章 獅子の鎮魂歌

北畠邸への襲撃後、双元会幹事長・東条(勝野洋)を血祭りに上げ、芦田(藤竜也)、坂崎(石橋蓮司)と再び別れる梓(加藤雅也)と水谷(北村一輝)。連城一家若頭代行の渡(美木良介)の制止をもふりきり、二人の復讐劇は尚も続く・・・。やがて、大物フィクサー辻堂成玄(近藤正臣)、民自党副総裁の大原由達(長門裕之)等の登場により、徐々に明るみになってゆく彦九郎暗殺計画の真相。次々に姿を現す大物達の裏の顔に尻込みする渡達とは対象的に、梓は黙々とその糸を辿り、そして抹殺してゆく。やがて事態を重く見た双元会会長、北畠高時(神山繁)は、すでに引退したはずの伝説の殺し屋、朝倉時貞(平田満)に梓の暗殺を依頼する。そして、奇妙な繋がりで絡み合ってゆく梓、水谷、芦田、坂崎のたった四人と双元会の総力を上げた全面戦争が今、幕を開ける・・・。本作品で極道映画に衝撃的なデビューを飾った相田翔子を始め、豪華な顔ぶれ、個性派俳優陣を起用し、三池ワールドの真骨頂とも言える独特な世界観を随所に描いた本格派アウトロー映画、オリジナル完結編!!(C)2003シネマパラダイス

コメント

エンタメ動画アンテナ