アルツハイマーの元連続殺人鬼vs新たな殺人鬼/映画『殺人者の記憶法』予告編

moviecollectionjp
スポンサーリンク
アルツハイマーの元連続殺人鬼vs新たな殺人鬼/映画『殺人者の記憶法』予告編

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

韓国初登場1位!ベストセラー小説の映画化、アルツハイマーの元連続殺人鬼vs新たな殺人鬼。ソル・ギョング×キム・ナムギル『殺人者の記憶法』。

本作は深みのある主題と展開の速さ、度重なるどんでん返し、サスペンスにユーモアまでを兼ね備えた傑作ミステリー小説『殺人者の記憶法』の映画化作品。アルツハイマーになった元連続殺人犯が新しい殺人犯の登場により、忘れていた過去の殺人の習慣が蘇り、2人の間で激しい死闘が繰り広げられるクライムスリラー。

主演のソル・ギョングは、『ソウォン/願い』『力道山』『シルミド/SILMIDO』と多彩な役を演じ“カメレオン俳優”と呼ばれる演技派だが、元連続殺人犯を演じるにあたり手の肉が落ちるほど激痩せしてみせ老人のように見える役作りをして挑んだ。謎の男には『ワン・デイ 悲しみが消えるまで』のキム・ナムギル、主人公の一人娘に『江南ブルース』のキム・ソリョン、警官に『国際市場で逢いましょう』のオ・ダルス。監督はスタイリッシュな映像に定評のある『サスペクト 哀しき容疑者』のウォン・シニョン。

今回解禁された予告編は薄暗い竹林の中に横たわる一人の男、ビョンス(ソル・ギョング)の独白から始まる。「頭は記憶を失っていくが、私の手は習慣のように殺人を覚えている—」彼はかつて世間を脅かせた連続殺人鬼。今はアルツハイマーに侵され、日々失われていく記憶を必死につなぎとめている。そして発生した新たな連続殺人事件。接触事故で偶然出くわした男テジュ(キム・ナムギル)に自分と同じ<何か>を感じ取り、彼も殺人鬼だと確信し警戒するビョンス。そんな中テジュは言葉巧みにビョンスの愛娘ウンヒ(ソリョン)に近づき親しくなる。テジュが殺人犯であると通報しても全く相手にされず、一人でウンヒを守ろうとするビョンスだが次第に病状が進行し、妄想と現実の狭間で混乱していく。果たして記憶のパズルをひも解き、娘を守ることができるのか?殺人鬼同士の戦いが始まる!
2018年1月27日公開

コメント

エンタメ動画アンテナ