パリ同時多発テロ事件に遭遇したゴアのリーダーシップ/映画『不都合な真実2:放置された地球』本編映像

moviecollectionjp
スポンサーリンク
パリ同時多発テロ事件に遭遇したゴアのリーダーシップ/映画『不都合な真実2:放置された地球』本編映像

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

2006年に公開され、第79回アカデミー賞で2部門受賞し、ノーベル平和賞を授与されたアル・ゴア元・米副大統領の伝説的ドキュメンタリー『不都合な真実』。その続編であり、2020年にオリンピック・パラリンピックを控え、“環境にやさしい大会”“環境都市”の実現を目指す東京で開かれる第30回東京国際映画祭のクロージング作品にも選ばれた『不都合な真実2:放置された地球』。

この度、2015年11月13日、130人の無実な人の命が奪われた、ヨーロッパ連合内で最悪の事件ともいわれるパリ同時多発テロ事件に遭遇したゴアが、恐怖慄くフランス市民のために力強いメッセージを伝える姿が印象的な本編抜粋映像を解禁。

COP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)が始まる2週間前、本作の制作チームと共にパリを訪れ、国民の注意を引き、気候変動会議に向けて気分を高めるため、「リアリティ24時間」というタイトルでウェブキャストマラソンやコンサートを24時間配信しようと予定していたゴア。しかし、放送が始まって4時間経った頃、突然パリの街がテロ攻撃に巻き込まれたため、生放送を中断する必要が出た。この混乱の中、撮影を止める前に即興でスピーチをし、テロをモラルに欠ける行為とし、人々には団結して将来のために取り組むよう伝えたゴアですが、今回解禁した映像内では「武器の力だけでなく価値観の力、世界の未来を思い行動することが必要だ」「これは米国人スタッフ全員の気持ちであり我々は愛する君たちと共にある」と悲痛な表情でメッセージを発信する姿が映し出されている。

共同監督のボニー・コーエンはその時のゴアについて「ゴアのリーダーシップが見られた瞬間だった。彼は危機的状況に高まるタイプの人。恐ろしい出来事だったが、ゴアは何が起きているのかを理解しつつも、私たちの役にも立とうとしてくれた。その瞬間、彼は政治家でも活動家でもなく、ただの親切な人間だった」と明かし、製作を務めたリチャード・バージは「ゴアは起こった出来事にひどく動揺していた。警察から動くなと言われ、我々も怖かった。初めは中断しなければならないことを残念に思ったが、その後街で何が起きているかを知り、衝撃を受けた。ゴアがメッセージを発信したことは、本当に皆の気持ちの支えになった」と振り返る。

また、この出来事をきっかけにゴアの違った一面が垣間見えたという同じく製作を務めたダイアン・ワイアーマンは「ゴアはデータに基づいてとても科学的な思考を持つ人物だ。この場面では、彼の感情の動きや人を動かす力の一端を感じることができると思う。本作では世界に働きかける力を持つ人物としてゴアではなく、人間らしい彼を見ることができると思う」と語っている。
2017年11月17日公開

コメント

エンタメ動画アンテナ

エンタメ動画アンテナ