闇金業者・大谷亮平VSクズ債務者/映画『ゼニガタ』予告編

moviecollectionjp
スポンサーリンク
闇金業者・大谷亮平VSクズ債務者/映画『ゼニガタ』予告編

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

本作は、表向きは居酒屋経営者、しかし裏では10日で3割の超暴利で金を貸しつけ苛烈な取り立てで債務者を追い込む闇金屋・銭形富男を主人公に、金と欲望に翻弄される人々の転落を描く物語。
客はパンチ一発1万円で用心棒を請け負う元ボクサー、地方でくすぶるキャバクラ嬢や半グレ、ヤクザなど、銭の魔力に取り付かれたアウトローな連中たち。返せるあてのない借金を抱え、最後の手段として居酒屋「銭形」を訪れた人々の運命を描く“闇金”ピカレスク・ムービー。

明敏な頭脳で債務者の逃げ道を塞ぐ知将・銭形富男役を演じるのは、大谷亮平。2003年より俳優として韓国を拠点に活動後、2016年より日本での活動を開始し、2016年ドラマ「ラヴソング」(CX)で日本デビュー。同年、空前の大ブームを巻き起こした「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)の風見涼太役がはまり役となり、大ブレイクを果たす。今後も、映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(6月8日公開)が控えるなど抜群の存在感を示している。

メガホンを取るのは日本映画界を代表する鬼才・園子温作品の助監督として活躍。監督として現在放送中のドラマ「人狼ゲーム ロストエデン」や映画『人狼ゲーム インフェルノ』(4月7日公開)が控える綾部真弥。

この度、解禁された予告は、居酒屋で客から法外なお通し5万円を要求する場面から幕開け。そして作務衣姿から一変、黒のスーツに身を包んだ富男(大谷亮平)らが暴力で債務者を取り立てるシーンが切り取られている。響き渡る銃声と札束の山、銭に群がりやってくる曲者たちをどう追い込むのか期待が高まる。また、インストゥルメンタル・ユニット『TSUKEMEN』が手がけた楽曲「Volcano」が使用され、映画の世界観をより一層引き立てる。

映画『ゼニガタ』は5月26日(土)シネマート新宿ほか全国ロードショー。

コメント

エンタメ動画アンテナ