ポール・トーマス・アンダーソン監督が盟友ダニエル・デイ=ルイスに惚れ込むワケとは?映画『ファントム・スレッド』インタビュー

moviecollectionjp
スポンサーリンク
ポール・トーマス・アンダーソン監督が盟友ダニエル・デイ=ルイスに惚れ込むワケとは?映画『ファントム・スレッド』インタビュー

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

第90回アカデミー賞受賞(衣装デザイン賞)!!作品賞、監督賞、主演男優賞ほか6部門ノミネート!ダニエル・デイ=ルイス主演×ポール・トーマス・アンダーソン監督最新作『ファントム・スレッド』。

1950年代のロンドンを舞台に、英国ファッションの中心的存在として社交界から脚光を浴びるオートクチュールの仕立て屋、レイノルズ・ウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)と、若きウェイトレスのアルマ(ヴィッキー・クリープス)との究極の愛を描いた本作。本年度アカデミー賞では衣装デザイン賞を受賞し、主要6部門にノミネートされるという快挙を果たした。

この度、本国よりメガホンをとったポール・トーマス・アンダーソン監督のインタビュー動画が到着 !

主演を演じ、本作で引退を表明しているダニエル・デイ=ルイス起用のきっかけを語り「彼は人々が気づかない役の細かな癖やシーンを劇的にするディテールを大事にする俳優」と絶賛。

また、デイ=ルイスが役作りのためにドレス作りの修行を行ったことについては、デイ=ルイスが奥さんに卒業制作で作ったグレーのドレスをプレゼントをしたというエピソードを語った。
2018年5月26日公開

コメント

エンタメ動画アンテナ

エンタメ動画アンテナ