迫力満点!!あの乗り物、どうやって撮ったの!?映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』メイキング

moviecollectionjp
スポンサーリンク
迫力満点!!あの丸い乗り物、どうやって撮ったの!?/映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』メイキング

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

“恐竜”に 巨匠・スティーヴン・スピルバーグが命をふきこみ、かつて誰も観た事がなかったリアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせ、映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。

前作に引き続き主要キャストは、恐竜と心を通わせる主人公オーウェン役にクリス・プラット、<ジュラシック・ワールド>の運営責任者であったクレア役にブライス・ダラス・ハワードが続投!監督は『怪物はささやく』でゴヤ賞9 部門を受賞したJ・A・バヨナが大抜擢。前作の監督であり本作では製作総指揮・脚本を務めるコリン・トレボロウ、そしてトレボロウと共に製作総指揮を務める『ジュラシック』シリーズの生みの親スティーヴン・スピルバーグが作品を更に<進化>させている。

この度、<ジュラシック・ワールド>ファン必見の乗り物・ジャイロスフィアが登場するシーンの撮影の裏側を大公開!迫力満点の特別映像を解禁!

ブライス・ダラス・ハワードが「丘を駆け下りてくる絶体絶命の場面よ」と解説するように、この混乱の中登場するのが、ファンは大好き!前作ではテーマパークを移動する為の手段として使われていたジャイロスフィア。

実際にキャスト達を乗せたジャイロスフィアを、ジェットコースター並みの速度で走らせるなどした撮影を実施。さらに、崖から海へと飛び出した後のシーンで、キャストは巨大な水槽でスキューバダイビングをしたというが、すべてを撮りきるのに5 日間かかったのだとか。
2018年7月13日公開

コメント

エンタメ動画アンテナ

エンタメ動画アンテナ