安藤政信、北野武監督からの金言を胸に/映画『きらきら眼鏡』インタビュー

moviecollectionjp
スポンサーリンク
安藤政信、北野武監督からの金言を胸に/映画『きらきら眼鏡』インタビュー

『きらきら眼鏡』安藤政信インタビュー
『コード・ブルー』の医師役から、余命宣告を受けた患者役へ

新人だろうがベテランだろうが、絶対平等であって当然だと思ってる

読書好きな青年・明海が偶然手にした古本がきっかけで出会ったのは、いつも明るく前向きな女性・あかねだった。見たもの全部を輝かせる“きらきら眼鏡”をかけていると話す彼女には、実は余命宣告を受けた恋人がいた。
森沢明夫原作の小説を、『つむぐもの』(16)の犬童一利監督が映画化した『きらきら眼鏡』で、あかねの恋人・裕二を演じた安藤政信は、本作撮影直前までドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season」に医師役で出演していた。立場が逆転した役への挑戦、子を持つ親になったことでの仕事に対する思いの変化などを語ってくれた。
──出演までのいきさつを教えてください。
安藤:1年前のちょうど今頃、脚本を渡されて読んで、すごくきれいな作品だなと思ったんすよね。優しさがあって、愛情ある関係の中で死に向き合うというテーマで。ちょうど『コード・ブルー』で医者役をやっていて、患者さんの命に向き合うっていう立場で4ヵ月いたから、今度は逆に、患者の立場で死を宣告されてどう生きるか、自分の愛する家族とどう向き合うかということを、反対側から経験してみたいと思ったのはありますね。そういう意味ではタイムリーだったと思います。主人公の明海は、うらやましいなと思うぐらいの役でした。それを支える意味でも、自分の演じた裕二という役もすごい大切だと思ったんです。せっかく声をかけてもらったし、力になれたらな、と感じました。
──余命を宣告されたがん患者という設定は、軽々しく演じられない役でもあったと思います。演じるに当たって、どんな準備をされましたか?
安藤:プロデューサーの友人で、末期のがんで余命宣告された方と会わせてもらいました。宣告を受けた時、「こう言われたことが少し傷付いたんだよね」という話を聞いて。ちょうど医者の役をやっていたから「医者の立場でいうと、こういう言い方しかないと思うんです」と僕も話しながら。その方も働き盛りで急にがんになって、家族がいるのにどういうふうにいればいいんだろうと葛藤していらっしゃいました。僕もこの2~3年で子どもが生まれて、働き盛りの年齢になって、自分がその立場になったら、と考えたんですよね。その方は「本当に思ったのは前向きに生きるしかない」と言ってくれて。宣告された瞬間、普段は別に死とか考えずに生きていたのが、今度は「生きよう」と逆に強く思うんだな、と思いました。
(インタビュー記事の続きはこちら)
http://www.moviecollection.jp/interview_new/detail.html?id=856

コメント