激動する韓国、衝撃の問題作×2本/映画『共犯者たち』『スパイネーション/自白』特報

moviecollectionjp
スポンサーリンク
激動する韓国、衝撃の問題作×2本/映画『共犯者たち』『スパイネーション/自白』特報

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

激動する韓国で、メディアを、政治を、時代を変えた衝撃の超問題作×2本、ついに日本公開決定!!不屈のジャーナリスト、チェ・スンホ監督と新しい独立メディア「ニュース打破」による『共犯者たち』『スパイネーション/自白』。

光州事件や民主化闘争を描いた『タクシー運転手約束は海を越えて』、『1987、ある闘いの真実』などのヒットが相次ぐ韓国から、さらに骨太な2本の映画が日本上陸。

李イ明博ミョンバクと朴パク槿ク恵ネ政権の約9年間にわたる言論弾圧の実態を告発した『共犯者たち』と、国家情報院による北朝鮮スパイ「捏造」事件の真相を暴いた『スパイネーション/自白』。

両作の監督は、公営放送局MBCの名物ジャーナリストだったチェ・スンホ。2012年にMBCを不当解雇された彼は、同じくMBCやKBSを解雇された記者たちと立ち上げた非営利独立メディア「ニュース打破」(韓国探査ジャーナリズムセンター)で調査報道を続け、この2作品を発表した。「ニュース打破」は、報道の独立性を確保するため企業広告をとらず、市民の会費で運営されている。

2017年8月に公開された『共犯者たち』は、韓国で26万人動員というドキュメンタリーとして異例の大反響を呼び、公開後に奇跡の大逆転劇が起きた。2017年12月、チェ・スンホがMBC社長に選任され、今まさに公営放送の立て直しが始まっている。
2018年12月1日公開

コメント