非情な<境界>で翻弄される男たちの行く先は/映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』予告編

moviecollectionjp
スポンサーリンク
非情な<境界>で翻弄される男たちの行く先は/映画『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』予告編

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、あらゆるルールもモラルも通用しない麻薬戦争の恐るべき現実をえぐり出し世界中を驚嘆させた『ボーダーライン』が、衝撃的な世界観と臨場感はそのままに新章へと突入―『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』。

予告映像ではメキシコからのテロリスト流入に危機感を抱いたアメリカ政府の命を受けたCIAのマット(ジョシュ・ブローリン)、孤高の暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)が動き出す。麻薬ビジネス、誘拐、殺人、汚職、数多の不法移民―メキシコ麻薬組織が支配する無法地帯で二人が引き起こそうとしたカルテル間の抗争は、メキシコ警察も巻き込んだ壮絶な銃撃戦に発展。激化する国境麻薬戦争の真っただ中で、兵士としての任務を遂行するアレハンドロは、自らの過去とつながる麻薬王の娘イザベル(イザベラ・モナー)と行動を共にする中で、自身の人間性を試される極限状況へ直面。一方、アレハンドロと固い信頼関係で結ばれていたマットも無慈悲な米政府の方針転換を受け、究極の選択を迫られることになる―。

映像に緊張感をもたらすのは故ヨハン・ヨハンソンによる『ボーダーライン』のテーマ曲”The Beast” 。当楽曲は劇中でも非常に効果的な場面で使用されている。前作のトーンと繋がりを持ちながらも今まで決して見せることのなかった男たちの感情の揺らぎや、アレハンドロの過去を知る少女の存在、凄まじい銃撃戦が炸裂するなど、目が離せない予告編映像となっている。
2018年11月16日公開

コメント