乃木坂46齋藤飛鳥、涙を流して「寂しいです」 映画「あの頃、君を追いかけた」撮了で山田裕貴も涙こらえ…

maidigitv
スポンサーリンク
乃木坂46齋藤飛鳥、涙を流して「寂しいです」 映画「あの頃、君を追いかけた」撮了で山田裕貴も涙こらえ…

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の山田裕貴さんが主演し、アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥さんがヒロインを務める映画「あの頃、君を追いかけた」(長谷川康夫監督、2018年10月5日公開)のクランクアップコメント動画が28日、公開された。最後のシーンとなった台湾ロケ後の山田さんと齋藤さんのコメントが収められており、山田さんが涙をこらえる姿や、齋藤さんが涙ながらにあいさつする姿が映し出される。

 クランクアップを迎えた山田さんは、「ダメだ、泣いちゃう」と涙をこらえつつ、「どこまで自分ができるかとか、すごく考えてたんですけど、そんな心配もなく、飛鳥ちゃんも、キャストの皆さんにも、スタッフの皆さんにも本当に支えていただき、ありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えた。

 齋藤さんは涙を流して「私、足を引っ張ってしまった事もあるかもしれないんですけど、今はただただ、みなさんと会えなくなっちゃうのが寂しいです」と胸中を明かし、「今回初めて、お芝居のことにもすごく興味を持てたので、そういうすてきな機会を得られて幸せでした」と撮影を振り返った。

 同作は、2011年に台湾で約200万人を動員した映画のリメーク。仲間とつるんでバカなことばかりをして、気楽な高校生活を送っていた水島浩介(山田さん)は、その態度が教師の怒りを買い、クラス一(いち)の優等生・早瀬真愛(齋藤さん)をお目付け役にされてしまう。真面目でお堅い真愛を疎ましく思う半面、中学時代からの憧れだった真愛に胸がざわつく浩介。教科書を忘れた真愛のピンチを浩介が救ったことで、2人の距離は一気に縮まっていく……というストーリー。

コメント

エンタメ動画アンテナ

エンタメ動画アンテナ