阪本順治監督、稲垣吾郎主演の映画「半世界」を語る 「第31回東京国際映画祭」ラインアップ発表会

maidigitv
スポンサーリンク
阪本順治監督、稲垣吾郎主演の映画「半世界」を語る 「第31回東京国際映画祭」ラインアップ発表会

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 「第31回東京国際映画祭」のラインアップ発表会が9月25日、東京都内で開催。この日は、同映画祭の全上映作品が発表された。グランプリなどを選出するコンペティション部門には、稲垣吾郎さん主演の映画「半世界」(阪本順治監督、2019年2月公開)や岸井ゆきのさんと成田凌さんが出演する「愛がなんだ」(今泉力哉監督、19年公開)などが出品される。オープニング作品は米人気歌手のレディー・ガガさんが初主演する「アリー/スター誕生」(ブラッドリー・クーパー監督、12月21日公開)、クロージング作品は怪獣映画「ゴジラ」の劇場版アニメの最終章「GODZILLA 星を喰(く)う者」(静野孔文監督・瀬下寛之監督、11月9日公開)で、今年初の試みとして行われるGALAスクリーニング作品として、篠原涼子さん主演の「人魚の眠る家」(堤幸彦監督、11月16日公開)が上映される。

 さらに今年は、アニメ「夜明け告げるルーのうた」「四畳半神話大系」などの湯浅政明監督の特集上映「アニメーション監督 湯浅政明の世界」なども行う。

 発表会には阪本監督、今泉監督、岸井さん、湯浅監督らが出席。「愛がなんだ」のコンペティション部門出品について、今泉監督は「同世代の監督と切磋琢磨(せっさたくま)して競っていたので、『ウワー!』っていうよりもじんわりと『やっとたどり着いたんだな』と感じました」と思いを語った。

コメント

エンタメ動画アンテナ

エンタメ動画アンテナ