大島優子&坂口健太郎、夫婦のやさしさを感じる「銭湯で」/ミノンCM+メイキング

moviecollectionjp
スポンサーリンク
大島優子&坂口健太郎、夫婦のやさしさを感じる「銭湯で」/ミノンCM+メイキング

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

第一三共ヘルスケア株式会社は、ブランドキャラクターに女優・大島優子と俳優・坂口健太郎を起用した低刺激性ボディケアシリーズ「ミノン」の第10弾TV-CM「銭湯で」篇を、2018年10月10日、「銭湯の日」から全国にて放映開始。

映画監督・タナダユキが描く「ミノン」のTV-CMは、2014年より篇を重ね今年でシリーズ5年目、このたびの「銭湯で」篇で記念すべき10作目となる。今回の作品は、大島優子、坂口健太郎演じる麻子・遼介夫婦がお互いのことをよく理解している“夫婦のやさしさを感じる”ストーリーとなっており、坂口健太郎も普段から行くという“銭湯”が舞台となった。二人は約1年ぶりの再会となったが、作品同様お互いを信頼した、リラックスした雰囲気で撮影が行われた。

また、併せてミノン45周年記念Webムービー「思い出す」篇では、TV-CMシーンのアフターストーリーとして、銭湯の休憩エリアで湯さましをしていると、テレビから流れる聞き覚えのある音楽(三浦透子「お母さんへ」)からケンカや結婚など、二人の様々な思い出が時間と共に流れていくストーリーとなっている。冒頭、麻子と遼介が牛乳を飲みながら談笑しているシーンでは、もともとの脚本には入っていない二人の“アドリブ”で会話が繰り広げられているなど、二人らしい自然な夫婦のやりとりに注目。

コメント

エンタメ動画アンテナ

エンタメ動画アンテナ