博打で無一文になった男・石橋保が再起をはかる盆中人情劇/映画『カスリコ』予告編

moviecollectionjp
スポンサーリンク
博打で無一文になった男・石橋保が再起をはかる盆中人情劇/映画『カスリコ』予告編

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

高知在住の脚本家がシナリオ大賞に入賞した脚本を高知全編ロケで製作した作品『カスリコ』。

舞台は昭和40年の高知、博打で無一文になった男が《カスリコ》として再起をはかる盆中人情劇。キャスティングには多くの高知出身俳優を起用し。土佐弁、手本引きにこだわった作品になっている。(《カスリコ》とは、賭博場の雑用係で、ご祝儀を恵んでもらう下仕事のこと)

昭和40年代、土佐。賭博“手本引き”にのめり込み破滅した岡田吾一(石橋保)は、高知一と言われた自身の料理屋を手放し、途方に暮れていた。そんな吾一に、一本筋の通ったヤクザ 荒木五郎(宅麻 伸)が現れ、「カスリコ」の仕事を世話してやるという。行き場のない吾一は、カスリコとして再び賭場に出向くが…。
2018年11月3日公開

コメント

エンタメ動画アンテナ