奥田瑛二×筒井道隆×水崎綾女、母の骨が家族をひとつに/映画『洗骨』予告編

moviecollectionjp
スポンサーリンク
奥田瑛二×筒井道隆×水崎綾女、母の骨が家族をひとつに/映画『洗骨』予告編

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

照屋年之(ガレッジセール・ゴリ)監督長編2作目にして、世界各国で高く評価されている注目作!死者の骨を洗う風習・儀式を丹念に描いた感動作『洗骨』。

主人公・新城信綱(しんじょう・のぶつな)を演じるのは日本を代表する名優・奥田瑛二。妻を亡くしたことで酒浸りになった父親が、息子と娘、周囲の人々とのやり取りを経て徐々に現実に向き合っていく様を見事に演じきり、その体当たりの演技は観る者全ての心に突き刺さる。また信綱の長男・剛(つよし)と長女・優子(ゆうこ)には、日本映画界に欠かせない実力派俳優・筒井道隆、そしてカンヌ国際映画祭出品作『光』にて堂々の主演を演じた水崎綾女。心がすれ違ってしまった兄妹が、母の死や父親に向き合いながら再び通じ合っていく繊細な心の動きを熱演する。その他、大島蓉子、坂本あきら、鈴木Q太郎を始め、個性豊かな俳優陣が集結。残された家族を暖かく包み込む抜群の演技で脇を固め、本作に最高の彩りを添えている。

この度、予告編が解禁。

沖縄の離島・粟国島を舞台に、亡き人を風葬し、肉がなくなり骨だけになった頃に対面し、骨を洗い、あの世におくり出すという独特の風習《洗骨》を題材に、“親から子への生命のリレー”、“家族の再生”というテーマを描いた本作。照屋監督は、シリアスな題材を描きながらもコミカルなシーンを絶妙に散りばめ、笑って泣ける珠玉のハートフルヒューマンドラマとして見事に完成させた。
2018年1月18日沖縄先行公開、2月9日全国公開

コメント

エンタメ動画アンテナ