篠原涼子、舞台上で西島秀俊の色気をべた褒め/映画『人魚の眠る家』のワールドプレミア

moviecollectionjp
スポンサーリンク
篠原涼子、舞台上で西島秀俊の色気をべた褒め/映画『人魚の眠る家』のワールドプレミア

第31回東京国際映画祭GALAスクリーニング作品として上映される映画『人魚の眠る家』のワールドプレミアが10月29日、六本木ヒルズアリーナにて行なわれ、主演をつとめる篠原涼子をはじめ、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加、田中泯(舞台挨拶のみ)、堤幸彦監督が出席。約800人が詰め掛けたレッドカーペットイベントをはじめ、多くのファンに作品の魅力をアピールした。

本作は、東野圭吾のベストセラー小説を『TRICK』シリーズの堤幸彦監督が映画化。不慮の事故により、医師から「脳死の疑いが高い」と診断されてしまった娘を持つ母親の行き着く愛情を描いたヒューマンストーリーだ。
2児の母である篠原にとって、作品の性質上、出演には大きな葛藤があったというが、原作を既に読んでいたという夫で俳優の市村正親から「こんな素晴らしい作品、やらないのはもったいない」と背中を押され、自身も前向きに取り組もうと思ったという。
台本を読んでいる段階から、涙が止まらなかったという篠原。撮影のために台本を読み込もうとページを開くが、すぐに涙が溢れてしまい、感情のコントロールが非常に難しかったと振り返っていた。
特にクライマックスシーンでは、篠原をはじめとした共演者たちの感情はマックスに達した。普段、客観的にモニターを見ているという堤監督も、篠原を中心とした俳優たちの鬼気迫る演技に「冷静につとめていましたが、ダメでした」と心が突き動かされたことを告白していた。
レッドカーペットイベント後に行なわれた舞台挨拶では、過去にも夫婦役として共演したことがある篠原と西島が、それぞれ再共演の感想を述べる。以前の共演では、互いにまだ家庭を持っていないかったというと、西島は「篠原さんはご結婚され、お子さんも生まれたことで、実生活で積み重ねてきた経験が演技の深さにつながっていると感じました」と変化に言及。
一方の篠原も、西島と家族や子どもとの関係性について話し合ったことを明かすと「西島さんは深みが増して、ますますダンディになって色気がすごかった」と感想を述べる。篠原の賛辞に西島は「今のところは通訳しなくていいですからね」と照れ笑いを浮かべていた(※東京国際映画祭ではイベント登壇者の日本語が必ず英語へと通訳される)。
堤監督は、作品の性質上、クライマックスに向かって徐々に感情を作っていくことが大切だと感じ、ほぼストーリー通り順撮りでの撮影を行なったという。「プロデューサーの懐の深さの賜物。大変ぜいたくなやり方で撮らせていただきました。丁寧に人物を積み上げていったつもりです」と語ると「自信を持ってみなさんにお届けできると思います」と力強く作品をアピールした。
『人魚の眠る家』は11月16日より全国公開となる。
(ニュース記事・写真はこちら)
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=13310

コメント

エンタメ動画アンテナ