“それ”の感染から逃れるためのルールとは…/映画『イット・カムズ・アット・ナイト』本編映像

moviecollectionjp
スポンサーリンク
“それ”の感染から逃れるためのルールとは…/映画『イット・カムズ・アット・ナイト』本編映像

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

『イット・フォローズ』の製作陣が仕掛ける、極限心理スリラー『イット・カムズ・アット・ナイト』。

本作は『イット・フォローズ』の製作陣と2012年の設立以降『ムーンライト』、『エクス・マキナ』、『ア・ゴースト・ストーリー』など刺激的な話題作を放ち続ける気鋭スタジオA24が製作。監督は全米のインディペンデント映画賞を多数受賞した経歴を持ち、鬼才ジョン・ウォーターズ監督にその手腕を絶賛された88年生まれの新鋭トレイ・エドワード・シュルツ。よくあるホラー・スリラー映画とは少し違う角度から襲ってくる恐怖に目が離せなくなること間違いなしの極限心理スリラーがいよいよ日本に上陸する。

一家の父ポールを演じるのは、『華麗なるギャツビー』『ブラック・スキャンダル』『レッド・スパロー』などで活躍し、『ザ・ギフト』では主演と長編初監督を務めたジョエル・エドガートン。監督の才能に惚れ込み、製作総指揮としても本作に参加した。その妻サラを演じたのは『エイリアン:コヴェナント』や『ブルーに生まれついて』のカルメン・イジョゴ。もう一つの家族の父ウィルを演じるのはHBOのテレビシリーズ「Girls/ガールズ」シリーズで人気を博したイケメン俳優クリストファー・アボット。その妻キムを演じるのは現在公開中の『アンダー・ザ・シルバー・レイク』でヒロインを演じたライリー・キーオ、そして『バース・オブ・ネイション』にも出演し、今後の活躍が期待される若手俳優ケルビン・ハリソン・ジュニアがポールの息子トラヴィス役に抜擢され、魅力的な俳優陣が顔を揃えた。

この度、赤の他人の2家族が、一緒に暮らすことになったその夜、共同生活するためのルールを提示するシーンが解禁。
2018年11月23日公開

コメント