水樹奈々、佐野岳の主題歌アカペラに感激「最高です!」 映画「ふたつの昨日と僕の未来」初日舞台あいさつ

maidigitv
スポンサーリンク
水樹奈々、佐野岳の主題歌アカペラに感激「最高です!」 映画「ふたつの昨日と僕の未来」初日舞台あいさつ

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 声優で歌手の水樹奈々さんが12月22日、東京都内で行われた映画「ふたつの昨日と僕の未来」(大森研一監督)の初日舞台あいさつに主演の佐野岳さんらと登場した。水樹さんはロケ地となった愛媛県新居浜市出身で、同作の主題歌を担当。舞台あいさつでは、佐野さんが水樹さんの主題歌「サーチライト」を絶賛した後、「耳から離れないですね、『サ~チライト』」と思わず口ずさんでしまい、「あっ! 本人の前で歌っちゃった! ごめんなさい」と慌てる一幕があった。水樹さんは「光栄です。ありがとうございます」と笑顔で喜んでいた。

 佐野さんは、大森監督とラジオに出演した際、解禁前で流せなかった同曲を歌って広めようとしたというエピソードを紹介。すかさず水樹さんから「聞きたい!」と要請されると、佐野さんは改めて主題歌の1フレーズをアカペラで披露。佐野さんが「サ~チライト、サ~チライト」と歌うと、水樹さんは「最高です!」とたたえ、「愛を感じました。ありがとうございます」と感激していた。
 
 映画は、新居浜市が市制80周年を迎えたことを記念して製作。長距離ランナーとして五輪を目指していた海斗(佐野さん)がプレッシャーから、ケガを理由に出場を断念。ある日、無気力な日々を過ごしていた海斗は不思議な坑道を発見し、壁の向こう側に吸い込まれてしまう。その瞬間、経験していないはずの五輪に出場した記憶と、彼女の真里乃(相楽樹さん)と順調に交際している思い出が駆け巡る。自宅に戻ると亡くなったはずの祖父が出迎え、驚きの事実を告げられる……というストーリー。

 舞台あいさつには大森監督、石川勝行・新居浜市長も出席した。

コメント

エンタメ動画アンテナ