ノーベル平和賞受賞ナディア・ムラドの感涙ドキュメンタリー映画『ナディアの誓い ‐ On Her Shoulders』予告編

moviecollectionjp
スポンサーリンク
ノーベル平和賞受賞ナディア・ムラドの感涙ドキュメンタリー映画『ナディアの誓い ‐ On Her Shoulders』予告編

2018年のノーベル平和賞受賞者であるナディア・ムラド。ISIS(イスラム国)による虐殺と性奴隷から逃れた23歳のヤジディ教徒で、当事者として国連初の人身売買の被害者らの尊厳を訴える国連親善大使もつとめる彼女に密着した感涙のドキュメンタリー映画『ナディアの誓い ‐ On Her Shoulders』の予告編が到着した。

ナディアは2014年8月までイラク北部の小さく静かな村、コチョ村で母と兄弟姉妹たちと幸せに暮らしていた。しかし、ISISがやって来て、少数民族ヤジディ教徒の虐殺が始まる。殺されるだけでない。捕まった少女や女性は戦利品として売買や交換の対象となった。ナディアたちも捕らえられ、母親と6人の兄弟は殺されてしまう。その後、性奴隷として3ヵ月扱われた末に脱出に成功し、彼女はドイツに逃れる。そしてナディアは15年12月の国際連合安全保障理事会で、ISISの虐殺や性暴力についての証言を行い、ヤジディ教徒の希望の存在となる。

少し前までは、どこにでもいるような普通の女の子だったナディアの夢は、自分の村で美容室を開くこと。普通の生活に戻る日を待ち望みながらも、故郷を奪い、家族も殺したISISの虐殺を止め、まだ捕らえられている同胞や、世界中の性暴力被害者のため、彼女は表舞台に立ち続けることを決意する。そして彼女は自らの痛ましい体験を、苦しみながらも繰り返し、ジャーナリスト、政治家、外交官たちに訴え続けた。カメラは冷静に数々の困難に辛抱強く立ち向かっていくナディアに密着し、ギリシャの難民キャンプや国連本部でのスピーチまでを追っていく。

到着した予告編は、ナディアが「私はテロと性奴隷の被害者です。18人の家族が性奴隷にされたり殺されました」と訴えかけるメッセージから幕開け。次いで美容室にいる彼女の姿が映し出され「ナディアはどこにでもいる普通の女の子だった」というテロップに続き、「美容院を開くのが夢でした。女の子が自分のことを、特別な存在だと思えるようになってほしいから」と語りかけるシーンが映し出される。

その後、場面は展開し、「同胞に何を望みますか?」と問いかけられるナディアの姿が。「脱出方法は?」「村に戻れますか?」「レイプした加害者たちをどうしたいですか?」と立て続けに世界中のメディアから質問されるナディア。ラストは、そんなナディアが国連総会で大勢の人々を前に「斬首やレイプで数百万人が故郷を追われても動かないなら…、皆さんは一体、いつ動くのでしょうか?」と訴えかけるシーンで幕を閉じる。

『ナディアの誓い ‐ On Her Shoulders』は2月1日よりアップリンク吉祥寺ほかにて全国順次公開となる。
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=13521

【関連記事・動画】
■2018年のノーベル平和賞受賞者ナディアの感涙のドキュメンタリー映画予告編解禁!
http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=13521
■17歳の時にノーベル平和賞を史上最年少で受賞!『わたしはマララ』マララ・ユスフザイ インタビュー
http://www.moviecollection.jp/interview_new/detail.html?id=524
■[動画]『わたしはマララ』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=J-GVsHgUFW0

コメント

エンタメ動画アンテナ