最愛の夫の挑戦を受け入れる妻役レイチェル・ワイズが語る/映画『喜望峰の風に乗せて』特別映像

moviecollectionjp
スポンサーリンク
最愛の夫の挑戦を受け入れる妻役レイチェル・ワイズが語る/映画『喜望峰の風に乗せて』特別映像

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

オスカー女優、レイチェル・ワイズの真摯な愛。コリン・ファースと共演『喜望峰の風に乗せて』。

海の上で奮闘する男と、彼を待つ家族。世界一周の夢に熱狂する人々を描く衝撃の実話。

『ナイロビの蜂』(05)でアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞を受賞し、美貌と演技力を備えた女優として高く評価されたレイチェルは、パオロ・ソレンティーノ監督『グランドフィナーレ』(15)、ヨルゴス・ランティモス監督の『ロブスター』(15)、『女王陛下のお気に入り』(18)では先に発表となった第76回ゴールデン・グローブ賞<助演女優賞>にノミネートされるなど、世界中の鬼才と仕事をし、途切れることなくキャリアを重ね、益々輝きを増している女優のひとり。

ジェームズ・マーシュ監督のもと、不安を抱えながらも、最愛の夫の挑戦を受け入れ、子供たちを守る妻のクレア役を演じたレイチェルは「夫婦の絆を描いた作品」「愛する人の夢を止められるかどうかを問う作品よ。私の答えは〝できない“だったわ。」と振り返る。常軌を逸した夫の夢を包みこむように支えながらも、まだ幼い3人の子供たちを守り抜く愛に溢れた女性を凛とした佇まいで演じている。常軌を逸したともいえるクローハーストの航海と並行して、その夢を尊重し、待ち続けるクレアの存在に心を打たれる物語となっている。
2019年1月11日公開

コメント

エンタメ動画アンテナ