サリンジャーの「バナナフィッシュ」が産声を上げた瞬間/映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』特別映像

moviecollectionjp
スポンサーリンク
サリンジャーの「バナナフィッシュ」が産声を上げた瞬間/映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』特別映像

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

2019年1月1日に生誕100周年を迎えた小説家J.D.サリンジャーの半生を描いた映画『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』。

世界中で累計6,500万部を突破した”青春のバイブル”「ライ麦畑でつかまえて」。映画では、この20世紀を代表する名作を生みだした作家サリンジャーのこれまで語られてこなかった謎に満ちた半生、そして小説の誕生秘話を描き出す。圧倒的な名声と富を手に入れながら、なぜその絶頂期に文壇から姿を消したのか?これまで神秘のベールに包まれてきた、孤高の天才作家サリンジャーと傑作「ライ麦畑でつかまえて」のすべての謎が明かされる。

この度公開された映像は、「ライ麦」と並んでサリンジャー作品の中でもファンの多い短編小説「バナナフィッシュにうってつけの日」が生み出された瞬間。当時、戦争体験のトラウマからから抜け出すために東洋思想に傾倒していたサリンジャー。瞑想やヨガの合間で物語を書き続けていましたが、煮詰まると、導師の助言通りタイプライターから紙を抜き出し破り捨てていた。サリンジャーは、こうして書いた原稿を破り捨てることによって書く事の楽しみを再発見していく。その中で、長いスランプを乗り越え生まれたのが、「バナナフィッシュにうってつけの日」。主人公シーモア・グラースが拳銃自殺をするまでの1日を描いており、サリンジャー29歳、1948年1月31日のニューヨーカー誌での掲載となった。また、この作品は文壇から高く評価され、作家としても注目を集めるきっかけとなった。

「バナナフィッシュ」といえば、2018年夏から年末にかけて放映された吉田秋生原作のアニメ「BANANAFISH」が人気を博したばかり。このアニメでは、死を招くクスリとしてバナナフィッシュという名称が登場し、アニメ最終回のタイトルが「ライ麦畑でつかまえて」だったこともあり、このアニメをきっかけにサリンジャーに再注目する人も。
2019年1月18日公開

コメント

エンタメ動画アンテナ